2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
プロフィール

たま@育児中

Author:たま@育児中
2012年7月に双子♂♂出産。
まもなく産後うつ発症。
治療しつつ子育て中。
夫は多忙な会社員。
双子兄・ちーすけは内弁慶なしっかり者。
双子弟・あんすけは甘えん坊&暴れん坊。
そんな四人家族です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
妊娠中の思い出⑤通勤電車
妊婦に席を譲ってくれる人は、ほとんどがおばちゃんだった…。

割合でいうと、おばちゃん8割、中高年男性1割、同世代女性1割。

みたいな。

大きいお腹をしていても、ロングダウンコートきちゃうと

意外と目立たなかったのか、マタニティマークつけてても

譲ってもらえることはあまりなかった。

そもそも、私自身が妊娠する前は、

「あの人マタニティマークつけてるけど、お腹ぜんぜん

 大きくなってないから譲らなくてもいいかな」

ぐらいに考えて座ったままいることもあったし。

妊娠初期には初期の(悪阻とか)中期には中期の(足が

つるとか)辛さがあることは自分が妊娠して初めて知ったよ。

世のおばちゃんたちが妊婦に優しいのは、自分が身をもって

知ってるからなんだね。

今は電車で出かけることなんてめったにないけど、ツインズ

がもう少し大きくなって電車に乗るようになったら、

自分が譲ってもらった分、妊婦さんには必ず席を譲ろうと思います。


そして中高年男性で妊婦に優しい人は…。

私が思うに孫がいるのだと思う。それも娘の産んだ孫が…。

うちの父は私が妊娠してから、すごく妊婦や子ども連れに興味を

示すようになった。心配性にもなった。

母は、「私が妊娠してるときはまったく無関心だったくせに」

と笑っていた。

義父も孫ができてから激変したらしい。

男性は子どもが生まれるときはまだ働き盛り。

妻の話をじっくり聞いて心配したり、そこから派生して他人

まで心配する余裕はないのかもしれない。

それが孫が生まれるころになると、仕事はひと段落して、ちょっと

余裕が生まれる。娘が妊娠となると妻の時よりなぜか心配で(笑)

母性のようなものが芽生えるのかもしれない。

そもそも今どきの男子より「女性は守るもの」という意識が強い

のかもしれないけれど。


ツインズ連れて電車で出かけたのは3回のみ。

割とおとなしくしてるんだけど。

なぜか毎回ドキドキ。。。

早く電車で楽々お出かけできるようになりたいなぁ…。


↓応援お願いします。


にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 産後うつ・マタニティブルーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

オススメ
マクロミルへ登録 テッパン絵本0歳 テッパン絵本1歳~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。