2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
プロフィール

たま@育児中

Author:たま@育児中
2012年7月に双子♂♂出産。
まもなく産後うつ発症。
治療しつつ子育て中。
夫は多忙な会社員。
双子兄・ちーすけは内弁慶なしっかり者。
双子弟・あんすけは甘えん坊&暴れん坊。
そんな四人家族です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
赤ちゃんとママが安眠できる魔法の育児書
PMSなのか、ちょっと最近低空飛行です。
家事と双子の世話はできるけど、双子の遊び相手になるのが
しんどくて、Eテレの力を借りる時間が少し長くなっています。

今日は本のご紹介。私は双子が3か月の頃に読みました。
赤ちゃんとママが安眠できる魔法の育児書




イギリス人でアメリカで活躍されているベビーシッターさんの著書なので、
日本では全て実践することは難しいと思いますが、とても参考になる点の
多い本でした。

「安眠~」とありますが、内容は睡眠のことに限らず、マタニティーブルー
や産後うつ、双子育児、夫婦関係などについても述べられています。

私にとって特に斬新だったのは、
「赤ちゃんに毎日ほぼ同じ生活リズムで過ごさせる事により、親は子ども
 がなぜ泣いているのか理解しやすくなるし、子どもは次に何が起こるのか
 予想できるようになるので、安心して過ごすことができる。結果として、
 子どもを無駄に泣かせずに済む」
という内容です。自分の身に置き換えてみれば、確かに次に何が起こるか
分からない状況は不安で、泣きたくもなります(;^ω^)

また、日本では「できるだけ母乳で」と言われることが多いですが、
この本では「双子ママにはミルクを勧める」と言い切っている点も、
面白いと思いました。管理入院や帝王切開で肉体的にしんどい双子ママ
は、確かに最初からミルクの方が負担感なく育てられるかもしれません。

「泣いたら抱っこ」「とにかく母乳」という日本で主流となっている育児論に
疑問を感じる方、もしくはちょっと今自分がしている子育てを違う角度から
見てみたいという方にお勧めです。


この続編の赤ちゃん語がわかる魔法の育児書 2―0~4才しつけ編



を読んでみようかどうしようか迷い中。

今のところそんなに困っていることはないんだけど、困る前に読んで
トラブルを予防した方がいいような、せっぱつまってからじゃないと
読んでもピンと来ないような…。

う~ん。。


↓いつも応援ありがとうございますm(__)m↓


にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 産後うつ・マタニティブルーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
こんばんは。

双子の子育てって大変みたいですね。
オモチャも二つずつ必要になる時があるんですね。

もうすぐ2歳。
今が一番大変な時なのでしょう。

双子の無限の可能性を信じて頑張りましょう!


>孝ちゃんのパパさん
ご訪問&コメントありがとうございますm(__)m
双子育児は大変だなぁと感じるときと、そうでもないときが
半々くらいです。両親が近くにいて何かと手伝ってくれるので。
おもちゃは2つあっても何故か相手の持ってるものが欲しくて
喧嘩するんですよ(;^ω^)困ったものです。

子どもはみんな無限の可能性を持っていますね!
将来を想像するとわくわくします。


オススメ
マクロミルへ登録 テッパン絵本0歳 テッパン絵本1歳~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。