2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
プロフィール

たま@育児中

Author:たま@育児中
2012年7月に双子♂♂出産。
まもなく産後うつ発症。
治療しつつ子育て中。
夫は多忙な会社員。
双子兄・ちーすけは内弁慶なしっかり者。
双子弟・あんすけは甘えん坊&暴れん坊。
そんな四人家族です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
抱っこ神話を否定する
産後うつを抱えながら育児をしていくには、

いわゆる育児神話を否定する必要がありました。

まず否定したのが抱っこ神話

最近の育児書にはみんな

「抱き癖なんて気にしないでドンドン抱っこして」

とか、本によっては

「泣いても抱っこしてもらえない赤ちゃんは、

 自己肯定感の低い子になってしまう」


なんて書いてあります。

私は最初これを鵜呑みにして、双子が泣く度に

抱っこしていました。

双子ですから同時に泣くこともあるわけで、

そんなときはじぃじ・ばぁばをかり出すか、

一人抱っこで一人バウンサーにのせて足こぎしたり…。

結果、2か月もたたずに私も両親も腱鞘炎になりました

そこで、体壊してまでだっこすることはない、

抱っこだけが愛情を伝える手段ではない、
と方針を変えました。


それからは二人がミルクや眠いわけでなくてぐずった時は、

二人を床に寝かせてあんよ体操(足を自転車をこぐように動かす)

や「あたまかたひざポン」や「一本橋こちょこちょ」などの

コミュニケーション遊びをしたり、「グーチョキパー」などの

手遊びを見せたりしてなるべくやり過ごすようにしました。

意外と抱っこより機嫌よくなったりするし、圧倒的に体が楽でした。

寝かしつけも抱っこによらない方法をいろいろ研究して、

胸をトントンしたり、手足が動かないようにタオルケットで

きゅっと巻いたり…3か月頃からはおしゃぶりも導入しました。

そんなこんなで、うちのツインズは何かが起こって大泣きした時

くらいしか抱っこされずに1歳を迎えました。


自己肯定感がどうのこうのは今はまだわからないけど、

二人ともよく笑い活発に動く元気な子に育っています。

抱っこせずにあやす方法を色々教えてくれた元保育士の母に

感謝感謝です。







にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村


にほんブログ村 マタニティーブログ 産後うつ・マタニティブルーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

オススメ
マクロミルへ登録 テッパン絵本0歳 テッパン絵本1歳~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。