2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
プロフィール

たま@育児中

Author:たま@育児中
2012年7月に双子♂♂出産。
まもなく産後うつ発症。
治療しつつ子育て中。
夫は多忙な会社員。
双子兄・ちーすけは内弁慶なしっかり者。
双子弟・あんすけは甘えん坊&暴れん坊。
そんな四人家族です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
女性が働くということ
私の母は保育士ずっと公務員保育士として働いていました。

当時友人の母たちは専業主婦か、こどもが小学校にあがってから

パートを始めたという人が多く、常勤で働いているお母さんは

珍しかったように思います。

母が常勤で働いているといっても、祖父母と同居で家事育児はほとんど

祖母がしていたので、私は不自由も寂しさも感じることがありませんでした。

むしろ働いているお母さんのことをカッコいいと思っていたくらいです。

でも小学校高学年になると、少し感じ方が変わってきました。

ドラマを見ているときに、ふとした会話の中で、

「女が仕事をしていくためには、子どもを犠牲にしなきゃいけないこともある。

 それができないなら働く資格がない。」

みたいに言う母を、

「仕事の方が大事だって子どもの前で言わないでよ」と思うようになりました。

今の時代は女性が働くことはもっと一般的になっていて、本人の選択次第ですよね。

むしろ専業主婦になることが男性の収入低下などで難しいとさえ言われている時代。。

私は双子ができたと知る前は育休取って仕事を続けるのが普通だと思っていました。

双子ができて、諸事情で会社を辞めざるをえなくなったときも、3歳くらいになったら

保育園に預けて働こう、と思っていました。

でも今、家事・育児をしてみて、復職への意思が揺らいでいます。

仕事+家事と、仕事+家事・育児では負担が全然違いますよね。

常勤の仕事をしながら、私が子どものためにしてあげたいこと

例えば晩御飯は手作りするとか、早寝の習慣をつけるとか、宿題を見てあげるとか、

そういう何でもないようなことをこなしていくのは結構体力・気力のいることではないかと。。

母の言っていた「子どもを犠牲に」っていうのは、きっと「自分のしてあげたいこと全部は

出来なくてもあきらめる」っていうことだったのかな、と最近思うようになりました。

お母さん、表現がヘタ過ぎて思春期の子供には伝わらなかったよ(/_;)

私のしたい仕事は責任を伴うし残業も不規則に発生するだろうから、働くことを択べば

色々なことをあきらめなければならないのかもしれません。

子どもたちは不自由や寂しさを感じることが出てくるかもしれません。

今はまだ半分療養中のみだからすぐに仕事はできないけれど、

やはりずっと主婦でいるという選択は私にはないような気もします。。

復職するときが来たなら、どんなに忙しくても子どもたちに

「お母さんは自分より仕事が大事なんだ」

って思わせないような接し方をしたいのです。

それは一緒にいる時間の長さではなくて、質で示すもの。態度で示すもの。

まだまだ時間はあるのでゆっくり考えていきたいと思います。

乱文失礼しました。




↓いつも応援ありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 産後うつ・マタニティブルーへ
にほんブログ村





スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

うん
わたしも、次働くときがあっても、
忙しくとも、キミたちのことをいつでも思っているよって、
お仕事したいなぁ~と思う。きっと、そういうのって、子どもたちにも伝わると思うから。

うちの母も看護婦として不規則に働きつつ、父も単身赴任で年に2回しか返ってこなかったので、本当に大変だっただろうなぁ~と思う。そんな中でも、一生懸命ごはんを作ってくれたり、参観日もいつもじゃなくても、なんとか来てくれようとしてくれてたことが本当にありがたくて、今でも、頭が上がりません(笑)。
ワタシもお仕事(またいつか復帰しようとは思ってるけど)不規則で、しかも、子どもたちと接するお仕事。去年、おととしか、働いていた時は、保育園に行っていた子どもたちを自分の学校の行事には呼べませんでした。
『ママは、自分たちを保育園に預けて、他の子どもたちと遊んでいるのか』と思うんじゃないかと勝手に思ってて。それだけ、子どもたちには我慢させてたなぁと思う反面、去年の保育園生活で、本当にたくましくなったとも思う。
働くって大変だけど、生活していくため、生きがいのため、いろんな理由があると思うけれど、なんでも一生懸命にやっている親の姿って大切かな~と感じました。

いつか…と思いつつ、もう、お仕事の勘がもどるのか、磨いとかなきゃ~と、そっちも心配のワタシです。
ごめんね、また、長々と書いちゃったよぉ~(涙)。



>かよポンさん
うんうん、働くことはお金だけじゃなくて、生きがいや人とのつながり、
自立感など、色々なものをもたらしてくれるますよね。
そうやっていきいき働いている姿を子どもたちに見せて「かっこいい」
と思ってもらえたら最高ですね(*^-^*)
私もブランク長くなると勘を取り戻せないかも・・・。普段から業界の
ニュースなどは細かくチェックしておかないと(;^ω^)


オススメ
マクロミルへ登録 テッパン絵本0歳 テッパン絵本1歳~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。